自由な空間

 ホーム 自己紹介   日記 経験 ご意見 戻る


  • 「ホームページという言葉


    ホームページという言葉は本来、ウェブブラウザを起動した際に表示されるウェブページの事を指す(上記例1)。しかし、言葉の誤用が広まり現在では上記のように別の意味としても広く使われるようになり、辞書にも本来の意味と併せて(上記例2・3・4)の用法を掲載しているものもある。日本などの一部の国では「ウェブサイト=ホームページ」が広く誤用されている。ウェブページやインターネット全般を指すのも本来の用法ではない。 日本国内では、ホームページと称する場合、(上記例1)の「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ(本来のホームページの意味)」よりも、(上記例2)の「ある特定のウェブサイトのトップページ」を示す用法、(上記例3)の「ウェブページ」、(上記例4)の「ウェブサイト」を指して使う傾向にある。要するに、ウェブブラウザを通して見る物を全般的に「ホームページ」とひとくくりにするのに近い形で使われる。こういった用法がマスコミなどでも多用されたことが、誤った用法を広めることに繋がったと思われる。 最近では企業・個人を問わず、各種インターネットサイトでは「ホームページ」よりも「ウェブサイト」の表記が増えている傾向にある。加えて、更新が安易なブログが普及してきたことにより、個人の管理運営するウェブサイトの事を「ブログ」と呼ぶケースも増えている。ただしそれは、そのウェブサイトを構築しているシステムがブログで構成されていなければ誤用である。 また、(上記例5)「インターネットのシステムそのもの」も誤用であり、インターネット初心者が使用することがある。例えば、一切インターネットブラウザを使わないインターネット電話やメッセンジャーサービスといったものを、「ホームページ」と誤用する場合である。 また、「ホームページ」は私的なイメージであるのに対し「ウェブサイト」は公的、公式なイメージとして取り扱われる場合もあるが、本来の言葉の意味を考えると正しくはない。 「ホームページ」をウェブサイト全体という意味で使うことが多いのは、日本や韓国、ドイツなど一部の国で見られる現象である。アメリカでは(上記例1)の「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ」 や(上記例2)の「ウェブサイトの入り口」の意味として限定的に用いられるのが一般的である。

  • 省略されたホームページ


    「ホームページ」の省略形としてHP、ホムペなどといったものもある。これらは単に省略して言っているだけなので、上記の用例の意味のままで、それ以上に意味が加味されたり減るということは無い。ただし英語圏では「HP」は米国の企業、ヒューレット・パッカード社の省略名として定着しており、そのままの省略したのでは通じない場合がある。 外国人が読むと思われる文章を書く場合はむやみに省略せずに書くか、「website」や「webpage」と明確に記載することで誤解は避けられる。 また、日本語でもHPは別の意で使われることもあるので、注意が必要である。

    このように段落を分けておくと、一つ前の部分を理解した後で次の部分を 読むことになるので、頭に入りやすくなります。

  • 関連項目

  • 前橋工科大学